Books

Autobiography

Raisin’ Cain – The Wild and Raucous Story of Johnny Winter
raisin_cain_thumb
Mary Lou Sullivanという、女性ライターが作成したJohnnyの自伝。Johnnyが生前に「今、俺の自伝を製作中なんだ!」と数々のインタビューで語っていたが、この作品のことである。
Raisin’ Cain

画像拡大

Magazine

YMM Player 1975年10月号 (1975)
ymm_player_1975-10_thumb
Johnnyのインタビューが掲載されている。

画像拡大

YMM Player 1977年10月号 (1977)
1977_10_ymm_player_front_300_thumb
Johnnyが影響を受けたギタリストを語る。「俺が飛ばされた何人かのギタリスト

画像拡大

Guitar Player 1983年8月号 (1983)
guitar_player_1983_cov_thumb
1983年Muddyの死後、Johnnyを交えてのインタビュー。2002年11月号のGuitar Playerにでも掲載。コチラを参照

画像拡大

Il Blues 18 (1987)
il1987_cov_thumb
1987年に発売されたイタリアの雑誌。スイスでのライヴのレポートが紹介されている。

画像拡大

Player 2002年11月号 (2002)
player2002_cov_thumb
1984年「Guitar Slinger」リリース当時のインタビューが掲載されている。当時使い始めたレイザー・ギターや弟Edgarについて触れている。インタビューの内容はここで参照してください。

画像拡大

Guitar Magazine 2004年8月号 (2004)
2004_08_guitar_magazine_front_thumb
Guitar Magazine 2008年8月号

画像拡大

Blues & Soul Records 2009年10月号 (2009)
blues_and_soul_records_2009_10_no_89_cover_thumb
Johnnyのオリジナルアルバム完全ガイド・奏法解説・タブ譜・レコーディング裏話などが掲載されている。

画像拡大

Blues & Soul Records 2009年10月号 (2009)
2011_05_the_dig_presents_blues_rock_thumb
シンコーミュージック社から2011年5月26日に販売された「The Dig」特別号のムック。「ジョニー・ウィンター奇跡の初来日が実現!」など、ブルースロックネタを主に取り扱っている。B5判で1575円。

画像拡大

Young Guitar Presents The Guitar Man (2014)
the_guitar_man_front_thumb
Young Guitarの特別号。Johnnyの生い立ちや楽器に関しての開設などJohnnyファンなら必携の一冊。

画像拡大

Player 2014年10月号 (2014)
player2014_thumb
Johnny死後に発売され、追悼特集が組まれている。

画像拡大

Crossbeat Presents Slide Guitar (2014)
crossbeat_thumb
これもJohnny死後に追悼特集として発売された。

画像拡大

Score

Johnny Winter – The Texas Blues Masters (1994)
the_texas_blues_masters_front_thumb
Johnny初の譜面集はカリフォルニアのCreative Concepts Publishing Corp.から1994年に出版されたタブ付のギター・スコア。譜面に対応した全12曲のCD付で、コロンビアからのデビュー以前のいわゆる初期音源と非公式のライヴ音源で構成されている。

  1. Parchman Farm
  2. Suicide Won’t Help You
  3. Gonna Miss Me When I’m Gone
  4. Messin’ with The Kids (Live)
  5. Kind Hearted Woman
  6. Moth Balls
  7. Leavin’ Blues
  8. E-Z Rider (Live)
  9. Sloppy Drunk
  10. 38-32-20 Blues
  11. Ease My Pain
  12. Creepie

画像拡大

バンド・スコア ジョニー・ウィンター・ベスト (1996)
johnny_winter_best_front_thumb
初の公式音源に基づくJohnnyのスコアは日本のシンコー・ミュージックから1996年に出版された。全9曲収録のギター・タブを含むバンド・スコア。曲目は

  1. Johnny B. Goode
  2. Rock And Roll Hoochie Koo
  3. Good Morning Little School Girl
  4. Memory Pain
  5. Bony Moronie
  6. Walkin’ By Myself
  7. Divin’ Duck
  8. It’s My Life, Baby
  9. It’s All Over Now

画像拡大

Best of Johnny Winter (2003)
best_of_johnny_winter_front_thumb
ニューヨークのCherry Lane Music Companyから2003年に出版された全13曲のタブ付ギター・スコア。Johnnyのインタヴュー(1989年3月の『ギター・ワン』誌の再録)と本人による短い曲目解説がついている。

  1. Be Careful with a Fool
  2. Dallas
  3. Good Morning Little School Girl
  4. Highway 61 Revisited
  5. Hustled Down in Texas
  6. I Guess I’ll Go Away
  7. I’m Yours and I’m Hers
  8. Illustrated Man
  9. Johnny B.Goode
  10. Mean Town Blues
  11. Rock And Roll, Hoochie Koo
  12. Rock Me Baby
  13. Still Alive and Well

画像拡大

Guitar Sigunature Licks – Johnny Winter (2009)
guitar_sigunature_licks_front_thumb
ミルウォーキーのHal Leonard Corporationから2009年に出版された全12曲のタブ付ギター・スコア。付属CDはJohnnyの音源ではなく、Dave Rubinによるもので、各曲について3箇所ほどの模範演奏やテンポを落とした演奏を収録されている。

  1. Bad Luck Situation
  2. Be Careful with a Fool
  3. Bladie Mae
  4. Highway 61 Revisited
  5. It Was Raining
  6. Leland Mississippi Blues
  7. Rock And Roll, Hoochie Koo
  8. Mean Town Blues
  9. Rock Me Baby
  10. Still Alive and Well
  11. Sweet Love and Evil Woman
  12. TV Mama

画像拡大

Johnny Winter Plays The Blues (2011)
johnny_winter_plays_the_blues_thumb
これもHal Leonard Corporationから2011年に出版されたものだが、いわゆるギター・スコアではなくJohnnyのリック(ギター・フレーズ)を譜面とタブに起こして解説したもの。著者はToby Wineで、Johnny Winter: Lead Guitar,Paul Nelson: Rhythm Guitar,Dave Rubin: Bass による57トラックで15分ほどの演奏CDがついている。48ページ。

画像拡大

ロックギター Vol.4 1975年7月30日発売 (1975)
rock_guitar_4_cov_thumb
1970年代ヤマハから発売されたギター雑誌。価格は1,000円。”Raised On Rock(John Dawson Winter III)”の歌詞やバンドスコア、ギターのセッティング方法など掲載。曲目は

  1. Johnny B. Goode
  2. Stranger
  3. Raised On Rock
  4. Self-Destructive Blues

またRick Derringerの曲も収録。

  1. Rock And Roll, Hoochie Koo
  2. Don’t Ever Say Goodbye

画像拡大

バンド・スコア ロックン・ロール・ベスト (1987)
rock_n_roll_best_front_thumb
シンコー・ミュージックから1987年に出版されたオムニバスのバンド・スコア。表紙には Captured Live! のジャケットが掲載されているが、収録はJohnny B.Goode。

7.Johnny B. Goode – Johnny Winter

画像拡大

バンド・スコア ホワイト・ブルース・ベスト (1998)
white_blues_best_front_thumb
これもシンコー・ミュージックから出版されたオムニバスのバンド・スコア (1998年)。Good Morning Little School Girlが収録されている。

6.Good Morning Little School Girl – Johnny Winter

画像拡大

Traning Video

ギタリスト・パーフェクト・ガイド ジョニー・ウィンター (1996)
guitar_perfect_guide_thumb
1996年にアトス・コーポレーションから発売(販売はリットーミュージック)された、おそらく世界初のJohnnyの教則ヴィデオ。元マルコシアス・バンプの鈴木穣氏が「ロック・ミー・ベイビー」を取り上げて詳細な解説をしている。VHSで約60分。

画像拡大

Johnny Winter – Legendary Licks Slide Guitar (2008)
legendary_licks_slide_guitar_front_thumb
Johnnyのスライド・プレーの教則ヴィデオ。スコアのBest of~と同じCherry Lane Music Companyから2008年に発売された。Johnnyのインタヴューに続いて本人による模範演奏が7パターン(ファイアバード4、ナショナル3)示されている。Johnnyがメタル・ボディのナショナル・リゾネーター・ギターを弾く珍しい映像が見られる。以上20分ほどで、残りはAl Ek(Eck?)氏による詳細な奏法解説が100分ほど。最後にJohnnyのインタヴューをバックにイクイップメントの映像が1分ほど流れる。DVDで約121分。

Johnny Winter Performance

  1. In the Style of Bob Dylan’s “Highway 61 Revisited”
  2. In the Style of Elmore James
  3. Electric Slow Blues
  4. Winter’s Slide Licks
  5. In the Style of Delta Blues
  6. National Slow Blues
  7. In the Style of Waking Blues

Al Ek’s Johnny Winter Lesson

  1. Opening & Tuning
  2. In the Style of Bob Dylan’s “Highway 61 Revisited”
  3. In the Style of Elmore James
  4. Electric Slow Blues
  5. Winter’s Slide Licks
  6. Winter’s Vibrato Style
  7. Open G Tuning
  8. In the Style of Delta Blues
  9. In the Style of Waking Blues
  10. Johnny’s Equipment

画像拡大

Johnny Winter – Legendary Licks Guitar (2009)
johnny_winter_legendary_licks_guitar_front_thumb
上と同じAl Ek氏の解説による姉妹編で、Johnnyの指弾奏法を扱った2枚組。Cherry Lane Music Companyから2009年に発売された。最初のJohnnyのインタヴューと最後のイクイップメント紹介は前作と同じもののようだ。Johnnyの模範演奏は24分弱で、使用ギターは白レイザー(残念ながら2010年1月に盗まれた)ディスク1の残り1時間半強とディスク2の2時間10分強がAl Ek氏によるレッスンとなる。

Disc 1

-Interview-
Johnny’s Performance

  1. Rockin’ the Blues
  2. Chuck berry Style
  3. Catfish Blues
  4. Muddy Waters Style
  5. Texas Shuffle
  6. Gatemouth Boogie
  7. T-Bone Waker Style
  8. B.B.King Style
  9. Assorted Slow Blues
  10. Jimmy Reed Style

Al Ek’s Johnny Winter Lesson

  1. Rockin’ the Blues
  2. Chuck berry Style
  3. Catfish Blues
  4. Muddy Waters Style

Disc 2

  1. Texas Shuffle
  2. Gatemouth Boogie
  3. T-Bone Waker Style
  4. B.B.King Style
  5. Assorted Slow Blues
  6. Jimmy Reed Style
  7. Johnny’s Equipment and Credits

画像拡大

LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]