John Dawson Winter III (1975)

johnny_original06_l
Detail
  • Recorded:1975
  • Label:Blue Sky
  • No:LP-ECPO-13
  • Recorded at:The Record Plant East, NYC
  • Mixed at:The Master Cutting Room
  • Mastered at:
Member:
  • Vocal, Guitar: Johnny Winter
  • Bass: Randy Jo Hobbs
  • Drums: Richard Hughes
  • Percussion: Richard Hughes, Randy Jo Hobbs, Rick Derringer, Paul Prestopino
  • Handclaps: The Group
  • Piano, Solina Strings, Harpsichord, Organ, Horn Arrangement: Edgar Winter
  • Background Vo: Johnny Winter, Tasha Thomas, Rick Derringer, Carl Hall, Monica Burruss, Jackdaw, Dennis Ferrante
  • Piano: Kenny Ascher
  • Additional Guitar: Randy Jo Hobbs
  • Pedal Steel: Rick Derringer
  • Banjo, Dobro, Lap Steel: Paul Prestopino
  • Buried Highpart: Dennis Ferrante
  • Trumpet: Randy Brecker, Bob Millikan, Lou Soloff
  • Tenor Saxophone: Mick Brecker
  • Trombone: Dave Taylor
  • Baritone Saxphone: Lew Del Gatto
  • Produce: Shelly Yakus
  • Engineer: Eg Sprigg, Dennis Ferrante
  • Assistant Enginner: David Thoener
Song:
Comments:

日本語タイトルが「おれは天才ギタリスト!」と言うなんともコメント付けがたいタイトルである6枚目のアルバム。前作に増しロック色が強くなり彼の自作が多い。マネージャーのスティーヴ・ポールと設立した「ブルー・スカイ」レーベルからの第1弾であり、 今まで仕事してきたリック・デリンジャーとは離れてシェリー・ヤクスを迎え製作された為ある意味彼の分岐点とも言えるだろう(Rickは2曲参加している)1曲目の「Rock & Roll People」はジョン・レノンからプレゼントされた曲とのこと(彼のバージョンは「Menlove Avenue」に収録) たまたま同じスタジオでジョンが作業中だったところをJohnnyが顔を出した時にボツ作品だったのをもらったらしい。後にリリースされる「Captured Live」のこのアルバムから数曲入っているから何とかアルバムの雰囲気はつかめるかも(笑) ラストのマディー・ウォーターズ風のギターが聞ける「Sweet Papa John」はプレゼントしてくれたジョン・レノンへJohnnyが感謝の気持ちに作ったとのこと。そのわりには何で歌詞がエッチなんだろう(笑)「Captured Live」バージョンよりかなりどろどろとした雰囲気でした。