Johnny Winter (1969)

johnny_original01_l
Detail
  • Recorded:1969
  • Label:CBS
  • No:CD-SRCS 6179
  • Recorded at:Nashville and San Francisco
  • Mixed at:
  • Mastered at:
Member:
  • Vocal, Guitar, Harp: Johnny Winter
  • Bass: Tommy Shannon
  • Drums: John “Uncle” Turner
  • Piano, Alto Sax: Edgar Winter
  • Acoustic Bass: Willie Dixon
  • Harp: Walter “Shakey” Horton
  • Back Ground Vocal: Carrie Hossell, Peggy Bowers, Elsie Sente
  • Horn Section: Karl Garin (Tp), A. Wynn Butler (T.S), Stephen Ralph Sefsik (A.S)
  • Produce: Johnny Winter
  • Production Consultant: Eddie Kramer
  • Production Assistance: Marvin Devonish
  • Spiritual Produce: Steve Paul
Song:
Comments:

1969年にリリースされた彼のメジャーデビューアルバム。 当時「100万ドルのブルースギタリスト」と呼ばれたが、実際にはその10分の1ぐらいしかもらってないらしい〈笑基本的なメンバーは弟のエドガー・ウィンター、後にスティーヴィー・レイ・ヴォーン・ダブル・トラブルで活躍するトミー・シャノン、 ドラムにジョン”アンクル”ターナーが在籍。アルバムでは「Winter」と言うバンド名で紹介されている。 マディー・ウォーターズのバンドに在籍してたウォルター”シェイキー”ホートンがハープ、ブルース界の大作曲家ウィリー・ディクソンがベースで「Mean Mistreater」に参加している。 「100万ドルのブルースギタリスト」と銘打っている割には地味な印象はあるかもしれないが、一つのブルースアルバムとして聞くと迫力モノではないだろうか。
※10曲目~12曲目はリマスター盤に挿入されているボーナストラック。

Gallery: